Tag Archives

22 Articles

花篝

by atto 0 Comments

激しく燃える篝火と
炎に照らされる夜桜を表現しました
5拍子の独特なリズムや
琴、三味線、尺八の和楽器が特徴的な和風BGMです

ユメノキャンバス(feat. 初音 ミク)

by atto 0 Comments

「大きく手を伸ばして
描いたつもりの青空、
届いた途端に物足りなくて。」

夢を巡って葛藤する人の歌です

誰しも1度は何かしらの夢を抱くものだと思いますが
誰もが夢を叶えられるわけではありません
自分に原因があって諦める場合もありますが
金銭面・将来の安定・周囲の目など
外部的な要因で諦めざるを得ないことだってあります

夢を叶えるのが不可能に近い場合
「大きく手を伸ばして描いたつもり」になる
=実現可能な範囲で妥協するというのはよくあります
しかしその妥協が外部的な要因によって強いられていたとしたら
妥協の口実は全て自分の本心を覆い隠すための「雨雲」にしかなりません
やはり本当に叶えたい夢なのであれば
たとえそんな口実を並べたとしても
そう簡単に諦めることはできないし
諦めないべきなのだと思います

そうして夢に1歩ずつ近づいて
いつの日か夢を叶えられると良いですね
尤もそれは「絵空」事でしかないのかもしれませんが…

歌詞


朝から しとしと
春雨 止まないまま。

迷ってる心が、
胸の奥 雨雲”イイワケ”を重ねている。

この空はもっと、
遠くで広がっていたのに。

「もう少し、描けそう…」

大きく手を伸ばして
描いたつもりの青空、
届いた途端に物足りなくて。

このまま しとしと
春雨 止まないまま?

…解ってる、本当は
胸の奥 隠せない太陽”コタエ”も。

最初からずっと、
果てだと言い聞かせてたこの空はもっと、
遠くで広がっていたから。

「もう少し、描きたい」

今度は背も伸ばして
描いたつもりの青空、
前より遠くを描けた気がした。

ユメノキャンバス。
僕の、キャンバス。

陰日向

by atto 0 Comments

魔王の側近って裏で暗躍するだけでなく
表に出て勇者たちと直接対峙したり
果てはスパイになって勇者側に潜入したり大変ですよね
せめて決戦ではボスっぽい感じの曲を流してあげたら
側近も浮かばれると思うんです

ヴィオラのどこか胡散臭い主旋律に
イリアンパイプスとアコーディオンを加えて少しエスニックな曲調になっています
さらに後半には3拍子の流れるようなピアノもあり
「ボスらしさ」を表現しています

追記:
各音楽配信サイトにて本作品が収録されたアルバムが公開されました!

Spotifyはこちら
LINE MUSICはこちら
Apple Musicはこちら

skew lines(feat. 初音 ミク)

by atto 0 Comments

「交わることのない運命
二人は… skew lines」

すれ違う大人なカップルの歌です

skew linesとは「交わらない2本の直線」
すなわちねじれの位置のことです
この歌では2本の直線を男女それぞれの人生に見立てています

同一の平面上を這う2直線であれば
平行でない限り必ずどこかで交わることになりますが
現実世界が3次元である以上
2直線が必ずしも同一の平面上を這っているとは限りません
従ってある視点から見れば交わっているように見えても
実は交わってなどいなかったということもあり得ます
こうして交わらなかった2直線は
それぞれ明後日の方向を向いたままどこまでも離れていきます

「2人は同じ視点で未来を見据えている」
そんな勘違いに気づくのは大抵
もう既に「すれ違った後」なのかもしれません

歌詞


貴方と私の2つの軌道
未来が重なる場所 埋まらない間隔

繋いでいたはずの その手は遠く
すれ違ってしまえば 後は離れていくだけ

雑踏に消えていく
他人に変わっていく
「行かないで」
貴方の腕を掴んだ

お願い 何も云わないで
貴方をただ感じていたい
交わることのない運命
二人は… skew lines

時間の流れは 残酷なのね
あの頃の二人に 戻してはくれない

お願い 何も云わないで
貴方をただ感じていたい
交わることのない運命
二人は…

お願い 気付かないフリをして
このまま目を背けていたい
いつかは醒める夢だと解っている
‘Cause we are skew lines

明日の行方(feat. 初音 ミク)

by atto 0 Comments

「自分じゃない
誰かの理想図にはなれなかった」

自分なりに生きようとする少年の歌です

新しい場所には彼が彼らしく生きられるための居場所はありませんでした
本来は家がそういった居場所であるべきなのですが
残念ながらそうでないということもあると思います
その場合学校が居場所になってくれればまだ良いのですが
こちらもまたそうでないということもあると思います
最悪の場合どちらかの悪影響がもう一方に波及して
両方の居場所がなくなってしまうような場合もあるかもしれません

そんな時あなたならどうするでしょうか?
色々な選択肢があると思いますが彼は逃げる選択をしました
「自分のままでいられる道」を歩いていくために――

歌詞


新しい場所は
何故か上手くは馴染めなくて
家も学校も
みんな空回りの日々

はじめ張れてた虚勢も
長くは続かなくて
耐え切れなくなって
独り遠くへと逃げていた

大人達の期待も
仮初の友達も
ちぐはぐな家族も
何もかも要らない

後ろ指差されて
居場所も空いてなくて
何かある度に
まわりと比べられて

歪んでいく
「このまま、自分のままでありたいのに。」
自分じゃない 誰かの理想図にはなれなかった

あの日々があるお陰で
ここにいられたのなら
逃げた選択も
きっと無駄じゃなかったけど

厄介な先生も
避けていく同級生も
ちぐはぐな家族も
ここには居ないのに

些細な切っ掛けで
嫌なこと思い出して
蓋をする度に
心が音を立てて

軋んでいく
「ここなら、自分のままでいられるのに。」
笑顔の裏 見えない傷はずっと抱えたまま

明日からは 何処へ行こう――?

「このまま、自分のままでありたいから。」
自分じゃない 誰かの理想図にはなれなくても
「自分のままでいられる道」
探しながら 真っ新な明日へと手を伸ばした

sahohime

by atto 0 Comments

「佐保姫」は春の女神です
暖かい風とともに一斉に芽吹く春の自然を表現しています

ピアノとストリングスのみを使い
流れる様な旋律や強弱で雄大な自然を表現しました